内観

国分建設が建てる新築一戸建て|マイホームHUNTER

地震に強い家

部屋

日本は世界的に見ても地震が多い地震大国ですので、新築一戸建てを購入する際には耐震性が高い住宅を購入するように心がけましょう。耐震性が低いマイホームを購入した直後に地震が起きて住宅が倒壊してしまうと、マイホームを失って多額の住宅ローンを抱えるはめになってしまいます。また、耐震性が高い新築一戸建てを購入することによって何よりも大切な家族と自分の命を守ることが出来ます。近年東京に首都直下型地震が起こるという予測を立てている地震の専門家などもいるので、立川市などで新築一戸建ての購入を検討している方は、特に耐震性が高い新築一戸建てを選ぶようにしましょう。
立川市などで耐震性の高い新築一戸建てを購入したいのであれば、どのような住宅が耐震性が高いかを知っておく必要があります。まず耐震性が高い住宅はより高い耐久性を誇る頑丈な壁を使用しており、揺れが起きた際に建物自体の動きを少なくして倒壊を防ぐことが出来ます。また、揺れそのものを小さくすることが出来る制震工法を採用している新築一戸建てなども立川市で販売されています。制震工法とはダンパーなどを建物に設置することで地震の揺れを吸収して、建物の揺れを小さくするという工法です。その他にも建物と住宅の基礎の間にベアリングなどを挟んで地盤の揺れが住宅まで伝わらないようにする免震工法で作られた住宅も立川市で販売されています。立川市で新築一戸建てを購入するのであれば、安全に暮らすことができるこの様な地震に強い住宅を購入するようにしましょう。